動脈硬化

 

日本人が好んで食べる米や麺、パンなどの食品は炭水化物で、体内に入りますと、効率良く分解されて糖になって血液中を流れ、各細胞に栄養を与えています。

 

ですので、炭水化物と血管には大きな関係があります。

 

動脈効果とは、血管内が伸縮性が無くなり硬くなっていくじょうたいを言っています。

 

通常は血管は、伸縮性のあるのびやかな繊維で出来ていますが、一旦硬化してしまいますと、血液が詰まりやすくなったり、血管が切れやすくなったりします。

 

このような状態にしてしまいますと、何時血管が問題で大きな病気になるか分かりません。

 

炭水化物を多く摂取しすぎますと、余った糖分は血管内から排出する事が出来なくなり、やがては血液をドロドロにして、動脈硬化の引き金になります。

 

低糖質ダイエットは、その意味でもダイエットト同時に血管内の血をさらさらにする事ができますので、動脈硬化の予防にもなります。

 

どうしても日本人は絞めにうどんを、ラーメンライスなど、炭水化物を多く取る食生活をしていますので、注意が必要です。

 

炭水化物を多く取り過ぎてしまった時にはゼニカルとフェーズ2を使用してみましょう。

 
トップへ戻る