低炭水化物ダイエット

 

日本人の食事習慣は、海外に比べて白米、うどん、パン、麺類など炭水化物の多い食事です。

 

炭水化物は、すぐに分解されてエネルギーになり血糖値を上げます。

 

上がった血糖値はインスリンによって、細胞にエネルギーを渡す事ですぐに下がってきます。

 

余った血糖は、最終的には皮下脂肪となて蓄えられ、肥満の元となります。

 

ですので、日本人の血糖値は一日の間で大きく変化をします。炭水化物の摂取を抑える事で、血糖の変化を抑える事が出来血管に無理をさせず肥満になる事を止めさせる事ができます。

 

ですが、炭水化物ダイエットだけでは、簡単に体重を減らす事ができません。

 

そこで必要なのが、体に皮下脂肪として余った脂肪を消費するための運動が必要になります。

 

おすすめの運動はウォーキングになります。ウォーキングは大きく手を振って少し大きな歩幅で、少し息が切れるぐらいの速さで歩く事が重要です。

 

最初は血液中の脂肪が燃え、次に内蔵の脂が消費されます。最後に皮下脂肪が消費されていくのです。

 

ウォーキングはすぐには効果を得る事はできませんが、確実に下半身の脂肪を燃焼していってくれます。

 

炭水化物ダイエッとウォーキングを同時にする事で、ゆっくりですが身体にいいダイエットができる事が可能になります。

 

ですが、この方法は長続きさせる事が基本ですので強い意志が必要である事を忘れないようにしましょう。

 

低糖質ダイエットの基本は継続です。そのために補助としてゼニカルやフェーズⅡを利用してみましょう。

 
トップへ戻る