インシュリンて何

 

インシュリンは膵臓から分泌されるホルモンです。

 

通常人は食べ物を食べると、最終的に糖となって血液の中をめぐります。

 

この時の血液の中の糖の比率を血糖値と言います。

 

血糖値が高くなりますと、インシュリンは自動的に分泌され、その糖とくっ付いて他の臓器に糖を運ぶ事で、その臓器のエネルギー元をなります。

 

そのようにインリュリンが働く事で、血液中の糖の量は自然に減少する仕組みになっています。

 

ですが、食べ過ぎますとこのインシュリンが活発に糖を運ぶのですが、それぞれの臓器に蓄積できる糖の量には限界があり、その結果余った糖は、脂肪として体に蓄えられる事になります。

 

このような状態が長い間続きますと、インシュリンの分泌が間に合わなくなり、結果として血液中の糖の量は高い数値を保ったままの状態になります。

 

糖尿病の患者は、このような状態になった時にインシュリンの注射をして、足りないインシュリンを補う事で、血糖値を下げています。

 

このように、インシュリンが激しく働いている時は、身体にどんどん脂肪が溜まって行きますので、デブになってしまいます。

 

食べ物の中で、糖質の多いものの代表は炭水化物です。

 

この炭水化物を減らす事で、食べ物から入る糖質を低くして、脂肪を取らない食事にする事で、低糖質ダイエットが成り立っています。

 
トップへ戻る