低糖質ダイエット

 

日本人の食事は、白米、パン、麺類など炭水化物の多い食生活を送っています。

 

炭水化物は、体内に入りますと糖質に分解され、アミラーゼと言う消化酵素の力でグルコースと言うブドウ糖に分解されて血液中に入って行きます。

 

血管の中に入って行ったブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンと言うホルモンの力を借りて、体内のそれぞれの細胞や器官に血液から運ばれたブドウ糖を渡していきエネルギーとして消費されます。

 

この時余分なブドウ糖は血管から出て皮下脂肪として体内に蓄えられえ行きます。

 

炭水化物を多く取りすぎますと、余った血液中のブドウ糖はどんどん皮下脂肪を形成していき肥満になってしまいます。

 

炭水化物を食べ過ぎると肥満になる理由は上記の様なシステムが体の中で働くからです。

 

この時、インスリンが上手く働かないで血液中のブドウ糖を血管外に出す事が出来なくなりますと、血糖値が上がって糖尿病になって行きます。

 

糖尿病の状態の血管の中はブドウ糖で満たされ、どろどろした血液となり、血液中に塊を作ったり血管の壁を壊していき、やがては細い血管で血栓を作ってそこから先の細胞に血液を送れなくなり、細胞は死滅していきます。

 

そこで今回おすすめしたいサプリは、食べた糖質を体内に吸収されるのを抑える事で、血液中のブドウ糖の量を減らして、インスリン太りを治し同時に血糖値を下げる事ができます。

 

今、日本人の約半数は、糖尿病予備軍とされています。一旦糖尿病になってしまいますと治す事はできません。今の医学ではそれ以上悪くなる事を抑える治療が中心になります。

 

今の食事はそのままで、綺麗に楽してダイエットできるサプリ「フェーズ2(糖質ブロック)」を試してみて下さい。

 

低糖質ダイエットに効果のあるサプリ「フェーズ2(糖質ブロック)」の詳細はこちらでご覧になれます。

 

糖質制限ダイエット『フェーズ2(Phase 2)』

 

米国の大手メーカー『ソースナチュラルズ社』が開発した、炭水化物の中の糖質の吸収をブロックする『フェーズ2(Phase 2)』は今人気の炭水化物遮断サプリメントです。

 

白いごはん、うどん、白いパン、麺類などを主食として多く食べる日本人は、炭水化物基本の食生活になっています。

 

炭水化物はすぐに分解され糖質となって、血糖値を高めて脂肪を増やしていきます。

 

そんな日本人にぴったりのダイエットサプリメントが、糖質の吸収をブロックする『フェーズ2(Phase 2)』になります。

 

『フェーズ2(Phase 2)』の成分ファセオラミンは白インゲン豆から抽出され、炭水化物の中の糖質が消化酵素のアミラーゼによってグルコース(ブドウ糖)に分解されるのを抑制します。

 

『フェーズ2(Phase 2)』の使用方法は、炭水化物の中でも糖に分解されやすい白いごはん、うどん、白いパン、などの植物繊維の多くない食品を食べる5分~10分ぐらい前に2錠服用する事で効果を発揮してくれます。

 

糖尿病の症状や治療法についてもっと詳しく知りたい方は『特集(糖尿病に関して知っておくべき全て【原因・症状・治療】)』を参考にして下さい。

 

使用方法

 

・炭水化物を多く含む食事の5~10分ほど前に2錠服用します。
・炭水化物が少ない食事には服用は不要です。

 

副作用

 

・作用の一環で便意を普段より頻繁に感じたり、胃もたれなどを感じることがあります。
・妊娠中または妊娠の可能性がある、母乳中の方は服用を控えてください。

 

低糖質ダイエットに効くフェーズ2(Phase 2)やその他について更に詳しい情報はこちらでご覧になれます。

 

脂肪の吸収を抑えるゼニカル

 

低糖質ダイエットの『フェーズ2(Phase 2)』と併用して使用する事で、飛躍的にダイエットする事が出来る薬にゼニカルがあります。

 

ゼニカル>は、スイスの製薬会社ロシュ社(Roche)が肥満治療薬として、開発した薬になります。

 

これまでは、食事制限と適度な運動がダイエットの基本とされていましたが、この方法によるダイエットはストレスが溜まりリバンドを起こす確率が高いため今ではあまり推奨されない方法となっています。

 

そんな中で、ストレスを溜めずリバウンドも少ない方法として、脂肪の吸収を抑える薬ゼニカルが開発されました。

 

ゼニカルは、食事中の脂肪分の30%の吸収を抑える事ができます。食べ物の脂肪分は体内に入ると小腸で、リパーゼと言う酵素の働きで分解されて体に吸収されます。

 

ゼニカル有効成分「オルリスタット」はこのリパーゼの働きを抑制する事で、食事中の脂肪分の30%を吸収させない事に成功しています。

 

ゼニカルの成分「オルリスタット」は身体に吸収されることなく、30%の脂肪分と一緒に体外に排出されてしまい増すので、とても安全な薬と言えます。

 

アメリカではFDAにその効果と安全性を保障されていますので、とても体に優しい薬になります。

 

ゼニカルは、分かりやすく言いますとフェーズ2の脂肪バージョンと言うことができます。

 

フェーズ2で食べた商品の糖質を抑えて、ゼニカルで食べた食品の脂肪分を抑えます。

 

この2つを併用する事で、短時間で無理のないダイエットを実現する事が可能になります。食事制限もありませんのでストレスも溜まらずリバウンドも起きません。

 

ですが、フェーズ2とゼニカルで体を縛った後は、それをキープするために食事制限を始めるようにしましょう。

 

痩せるために食事制限をするのと、痩せてからそれをキープするために食事制限をするのでは全く意味が違います。前者はストレスいっぱいですが、後者は嬉しさいっぱいです。

 

食べた食品の脂肪分を抑えてくれるゼニカルに関しての詳細はこちらで見る事ができます。

 

無理なダイエットは良くない

 

ダイエットを頑張ったけど、医者で血液検査をしたら脂肪肝なんて事が良くあります。

急激にダイエットをしますと、体は通常ですと肝臓に溜まった脂肪を使用するのですが、体が危機状態になると脳がいち早く糖を作るために筋肉の蛋白質を分散して糖に変化させて栄養を補おうと努力します。

 

その結果タンパク質が不足して、肝臓に溜まっている脂肪はタンパク質無しでは糖に分解する事ができませんので、肝臓に溜まった脂肪は一向に減る事がありません。
これが、急激なダイエットをした方に起きる脂肪肝になります。

このような事をしっかりと理解しないで、無理なダイエットをしてしまいますと、肝臓は脂肪で覆われたままの状態になりますのでその後肝臓には負担が掛かったままの悪い状況が続いてやがて肝硬変などになってしまいます。

 

よくTVなどで、数か月で20kg痩せたなどと宣伝をしてる会社がありますが、体の中はとても健康な状態ではありませんので、見た目がいいからと安易にマネをする事は避けて下さい。地道な低糖質ダイエットが健康な体を維持してくれます。

 

やはりダイエットは、入ってくるエネルギーより使用するエネルギーを多くする事が重要ですので、この関係性をゆっくりと保つ事で必ず体を痩せて行きます。

 

無理なダイエットは筋肉が減って、体重が減る形になってしまいます。

 

理想的なダイエットは、脂肪を無くして体重を減らす事が一番です。

 

このあたりを間違い無いようにダイエットにチャレンジしていきしょう。

 

 

ダイエット運動

 

どんなダイエットでも、運動は必須になります。

 

そんな中どのような運動が効果的なのかをご説明していきます。

 

脂肪を直接燃やしてくれる「有酸素運動」

 

有酸素運動の最も一般的なものが「ウォーキング」です。
ウォーキングは少し早めの感じで歩き、20分以上歩きませんと脂肪が燃焼されません。

 

ウォーキングでしたら、1時間ぐらい続ける事はやる気さえあれば誰でもできる事です。

 

ですが、約1時間のウォーキングで燃焼する脂肪の量は、ご飯茶わん半分ぐらいのごはんのエネルギー消費しかありません。

 

これでは、ごはん1杯食べたら半分が残ってしまいます。痩せる事ができませんね。

 

有酸素運動だけでダイエットをする事は不可能です。

 

筋肉運動(無酸素運動)

 

腕立て伏せや、腹筋などの筋肉を鍛える運動です。
この運動では、筋肉を鍛える事はできますが脂肪は全く減りません。

 

ですがここからが重要です。

 

筋肉を鍛える事で、基礎代謝を向上させて有酸素運動の効果を上げる事ができます。

 

筋肉はつかなくても、筋肉運動をする事で約2時間ぐらい基礎代謝が上がった状態が続きます。

 

同じウォーキングでも、事前に筋肉運動をする事で基礎代謝が上がり、エネルギーの消費を増やす事ができます。

 

ストレッチ

 

ウォーキングの前にストレッチをする事でも基礎代謝が増やす事ができます。
ストレッチをする事で、筋肉を柔らかくして滞っていた血流やリンパの流れを良くして、その後のウォーキングで基礎代謝のアップが期待できます。

 

まとめ

 

有酸素運動のウォーキングだけでなく、そのと同時に筋トレやストレッチをする事で相互効果が発揮され、基礎代謝があがり結果として脂肪をより多く燃焼する事でダイエットへとつながります。

 

この3点を良く押さえてダイエット運動は効果を出します。

 

これらの運動と共に、低糖質ダイエットを同時に進行する事で健康な状態でのダイエットを加速する事ができます。詳細をご覧ください。

 

ダイエットで素敵が体になるために

 

ダイエットを始めますとやはりきになるのが、体重の変化です。

 

体重が順調に減って行きますとダイエットをしていると土地もやりがいがあります。

 

ですが、今行っている負荷や糖質のカットなどでダイエットを続けて行きますと必ずある体重になった時になかなか体重に変化の出ない時期が来ます。

 

その時期が来た時に誤って、更に過激なダイエットをしてしまう人がいますが、これは美しくダイエットするにはとても良くない事ですので注意しておきましょう。

 

この時期は脂肪と筋肉が入れかわる時期ですので、それが終わる事で同じダイエットを続けていれば必ずまた体重が減る時期がやってきます。

 

この体重の停滞期はだいたい1~2ヶ月程掛かりますので、そのくらいの時期が存在する事が常識であると自覚しておきましょう。

 

この時期に無理にダイエットをしょうと過度な事をしますと確かに体重は減ってきますが体が自然の変化に対応できなくなり、いろんな点で無理が出てきてしまいます。

 

病気などが原因で痩せる場合がこれと同じような状態になります。

 

このようなダイエットを続けますと皮膚のサイクルが追いつかなくなり、太っていた時の皮膚がそのまま残ってしまいますので、だぶついた感じの皮膚になってしまい見た目を良くありません。

 

ですが、停滞期をしっかりと押さえていて、ゆっくりとダイエットをする事で皮膚も入れ替わりその体型に合わせた状態に変化していきますので、見た目の悪いだぶついた皮膚になる事はありません。

 

このように、ゆっくりと時間を掛けてダイエットしていく事は、綺麗な体になっていくことに繋がりますので必ず無理なダイエットはしないように心がけて下さい。

 

数か月で何十キロダイエット成功したなどと言う言葉をいろんな場面で目にする事があると思いますが、そんな事はできても、必ず醜い体になってしまい、リバウンドの確率もかなり高くなってしまいます。

 

ダイエットに関するいろんな方法

 

ダイエット補正下着

 

補正下着がテレビのCMなどで良く紹介されています。

 

今まで出ていたでっぷりお腹が一瞬でスマートに変化してしまうと言う簡単な仕組みです。
補正下着には全くダイエット効果は期待できません。

 

脂肪の位置を変化させるだけで全く脂肪はそのままですので意味がありません。

 

そんな補正下着なのですが、高額にも関わらす結構売れているようです。

 

ですが、補正下着をあまり長い間使用していますと、脂肪を無理やり違う場所に移動してしまいますので内臓に変な負担が掛かって、血流が悪くなり障害を起こす可能性が高いので注意が必要です。

 

短時間で一時的に痩せて見せたい場合ノミ使用するようにしましょう。

 

ダイエットの運動量

 

いったいどのくらいの運動をしたらダイエットができるのかが気になるところです。

 

運動科学的に言いますと、(220-年齢)×0.7ぐらいの脈拍数になるような有酸素運動を20分以上続ける事で脂肪の燃焼が始まります。

 

60歳でしたら、112、50歳でしたら、119と言う感じです。

 

実際にこの脈拍数にたっする有酸素運動ですと、軽く早目にウォーキングするぐらいで丁度希望の脈拍数に達します。

 

ですがこの運動で落ちるカロリーは200ぐらいですので、ごはんを1杯食べたら元に戻ってしまいます。

 

ダイエットの場合は出来る事でしたら運動する前に食事を済ませてしまう事が理想的です。
体を大きくしたい場合には運動後2時間がゴールデンタイムでこの時間に食事をする事で栄養が付きやすくなります。

 
トップへ戻る